2008年01月17日

防災特番「阪神淡路の教訓を忘れない」

1月17日(木)は阪神淡路大震災から13年。特別番組を放送しました。ご案内は防災キャスター小川孝夫アナと宮上明子アナ
CA390294.jpg
9:00〜10:40のゲストは県総合防災課課長の津田和夫さん(手前左)と、和歌山大学教育学部准教授で和大防災研究教育プロジェクト代表の此松昌彦さん。地域防災力の向上、他大学との連携などの話しが。
bousai0117.jpg
さらに赤十字飛行隊和歌山支隊隊長の田井秀治さん、隊員で操縦士の小倉正基さんもスタジオ入り。この日、和歌山放送との間で「大規模災害等発生時における上空からの情報提供」について協定を結びました。
詳しくは→「一語一絵 中島耕治のちょっといい話」へ
番組では「大規模災害時の相互援助協定」を結んでいるラジオ関西四国放送ラジオともエール交換。いざというときのラジオの役割についてあらためて考えました。

午後からは、災害が起きたときの備えをご紹介
CA390295.jpg
丸太コンロ「木いぷ」普段はベンチ、非常時にはこの通り。
CA390296.jpg


CA390297.jpg

この切り込みがポイントです。
CA390298.jpg
中川智美さんは県庁南別館の防災センターを訪問。防災機能を集約させた施設は全国でもトップクラスなんだそう。あとはいざというときにいかに活用できるかが課題です。

和歌山県総合防災課のページは→コチラ



posted by wbs at 16:33| Comment(0) | 木曜日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。