2010年02月25日

FOODEX(12)

出展ブースリポート 最終回!


きょうは、


0225pinokio.JPG

和歌山市狐島 手づくりパンの店 ピノキオ
(代表取締役 笠畑幸荘(かさはた ゆきしげ)さん)

・古道フランス・・・熊野古道の土壌から生まれた「古道酵母」を使ったもっちりフランスパン。外はカリッと、中はふわもち食感。

・紀州ソフト梅パン・・・梅酵母を使い、生地の中には梅干やシソ、パンの中には焼酎漬けの青梅が入った梅づくしのパン。黒豆餡もほどよい甘さ。



0225ja_kinosato.JPG

・ジャムソース、黒豆製品・・・紀の川市といえば、果物がなんでもとれるところ。四季毎に収穫できる果物を使って、ジャムソースなど加工品を作って年中楽しんでいただける工夫を。この度新しく「はっさくの缶詰」や「友淵のがんこ黒豆煮」も。


でした☆

FOODEX JAPAN 2010 では、和歌山の“食”を全国や世界にPR。

3月2〜5日まで幕張メッセで開催します!
posted by wbs at 14:10| Comment(0) | FOODEX2010

2010年02月24日

FOODEX(11)

いよいよ来週 3月2日から幕張メッセで開催の

FOODEX JAPAN 2010!!


和歌山県出展ブースリポートも11回目・・・

きょうは、



0224katsunosuke.JPG

海南市 山本勝之助商店
(代表の土田高史(つちだ たかし)さん)

・紀州香山椒・・・和歌山は有数の山椒産地!ブドウ山椒は粒が大きく香りと辛味が強いのが特徴。石臼で挽くとミカンのような爽やかな香りが広がります。


0224kominami.JPG

湯浅町 小南農園
(太田直廣(おおた なおひろ)さん)

・まるごと田村みかんゼリー・・・湯浅町田地区でとれるおいしいみかん→田村みかん。小粒のものが3つもゼリーの中にまるごと入ってます!!!


でした〜。
このコーナーは明日が最終回です。
posted by wbs at 17:08| Comment(0) | FOODEX2010

2010年02月23日

「輝」

太地町出身の書画家ぼうずさんこと田中太山さんに漢字一文字のリクエストをもとに作品を作ってもらうmornin’ぼうずのコーナー!

バンクーバー冬季五輪真っ盛りの2月23日(火)のリクエストは「輝」

(リクエスト)
オリンピック中継に釘付けです☆フィギュアスケートもスノーボードもやったことのない私ですが、4回転でも大回転でもするメダリスト、心の中ではバンクーバー入りした選手団のつもりです 一度いってみたいなあ〜

(作品)
0223taisan.jpg

(詩の内容)
輝く姿に刺激され。

わたしの今日が輝きます。



(太山さん情報)

3月2日(火)コーナーお休み。
その代わり?
3月3日(水)民放ラジオ101社統一キャンペーン「ラジオがやってくる!」で、ぼうずさんの母校、太地町立太地中学校から公開生放送します。
てことで、こちらで電話出演しますから!

卒業生の皆さんも、チェックしてね



posted by wbs at 12:50| Comment(0) | 田中太山

FOODEX(10)

FOODEX JAPAN 和歌山県出展ブースリポート!

きょうは10回目。


0223sohwa_kajuen.JPG

有田市 株式会社早和果樹園
(大浦靖生(おうら やすお)さん)

・味一しぼり・・・「味一みかん」と呼ばれる糖度12パーセント以上のブランドみかんのみを厳選したジュース。外皮をむき、中を薄皮ごと絞る「チョッパーパルパー方式」を採用。ネクターみたいなとろんとしたおいしさ!


0223daikaku.JPG

かつらぎ町 大覚総本舗
(角濱昭廣(かどはま あきひろ)社長)

・白ごま豆腐、黒ごま豆腐・・・モンドセレクション金賞受賞の実力は世界でも認められた証。わさび醤油や味噌ダレで楽しむほか、白にはブルーベリーソース、黒には黒蜜をかけるとスイーツ感覚で!!


でした〜。

FOODEX JAPANは3月2〜5日、幕張メッセで開催!!
posted by wbs at 12:27| Comment(0) | FOODEX2010

絵本・わたしの家は梅農家

県内各地の教育・文化を取材している小田川アナがとっておきの情報をお届けするオダガワの窓のコーナー

2月23日(火)は。
わかやま絵本の会の松下千恵さんから
小田川アナに届いた一冊の絵本と一枚のCDについて。
0223odagawa.JPG

「わたしの家は梅農家」
文・松下千恵 絵・栗原利根さん
和歌山絵本の会 発行(1995年)

絵本が出来たきっかけは、松下さん作の南方熊楠を題材にした絵本に出会ったみなべ町の岩本食品さんが依頼したものだそうです。松下さんと栗原さんは岩本さん一家に取材し、梅の栽培から収穫など一年を、ひと月ごとにページにまとめました。

その後、岩本食品さんでは同じタイトルで梅干しも商品化されてます。

そしてこのほど、まったく同じタイトルのCDができました。
作詞作曲は白浜出身のシンガーソングライター古屋学さん。絵本の内容をイメージしたそうで「各地のライブで歌いたい」と話しているとか





posted by wbs at 12:00| Comment(0) | 火曜日

2010年02月22日

FOODEX(9)

「FOODEX」出展ブースリポート、9回目!


きょうは、


0222kamakura.JPG

田辺市 酒のかまくら
(総務課長 岡畑利彦(おかはた としひこ)さん)

・紀州鶯屋 梅酒シリーズ・・・ラベルのイラストは、鶯屋のおばぁちゃん。味とインパクトのあるイラストとともにつけられているコメントも人気。味も各種有ります。



0222itoh_noen.JPG

有田市宮原 伊藤農園
(専務 伊藤彰浩(いとう あきひろ)さん)

・100%ピュアジュースシリーズ・・・和歌山県産の柑橘を、こだわりの方法で皮の苦味やアクが入らないように絞ったフレッシュなジュース。すっきり、まっすぐな味わいです。


でした☆

FOODEX JAPANは、3月2〜5日まで幕張メッセで開催!
ともちゃんも参加しま〜す。
posted by wbs at 18:39| Comment(0) | FOODEX2010

2010年02月18日

FOODEX(8)

シリーズ「FOODEX JAPAN2010」出展ブースリポート☆


きょうは、


0218yoshimura_hideo.JPG

日本城でおなじみ 吉村秀雄商店
(安村勝彦(やすむら かつひこ)社長)

・和リキュール・・・和歌山の果実をたっぷり使ったリキュール。果実の味がぎゅぎゅっと濃い!そのほか本格焼酎や日本酒もオススメ



0218nakata.JPG

梅干・梅酒の 田辺市 中田食品
(醸造部部長 山中勝治(やまなか かつじ)さん)

・こだわり梅酒シリーズ・・・青梅でなく、完熟南高梅をしこみ、フルーティーに。にごり・蜂蜜・柚子など全8種類☆


でした〜!
FOODEX JAPAN2010は3月2〜5日 幕張メッセで開催!!!

posted by wbs at 19:57| Comment(0) | FOODEX2010

2010年02月17日

FOODEX(7)

世界の食品・飲料業界関係者が一堂に会す、アジア最大級の“食”専門展示会 FOODEX JAPAN。

2010年で35回目を迎える今回は、和歌山県からおよそ30の企業が出展。
意気込みなどを各社にお伺いして聞いています。


きょうは、

0217sekai_itto.JPG

日本酒で有名!リキュール類も出してます
和歌山市湊紺屋町の 世界一統

(常務取締役 南方雅博(みなかた まさひろ)さん)

・ご当地リキュール「和歌のめぐみ」・・・和歌山のフルーツでも生産地を限定したものを、清酒世界一統の蔵人が丹念に醸した日本酒とあわせています。特に、龍神の柚子酒(りゅうじんのゆずさけ)がオススメ!



0217okahata.JPG

田辺市上芳養 (株)岡畑農園グループ 株式会社梅貴幸

(営業部係長 竹田吉徳(たけだ よしのり)さん)


・梅干「雅(みやび)」・・・4Lサイズの大粒梅を使い、塩分を抑えて甘みを引き出しています。梅干というより「梅菓子」のような感覚。ギフトにどうぞ



でした☆

FOODEX JAPAN 2010は、3月2〜5日 千葉県 幕張メッセで開催!

posted by wbs at 11:36| Comment(0) | FOODEX2010

2010年02月16日

FOODEX(6)

食の専門展示会 FOODEX JAPAN

今年で35回目の催しとなりますが、和歌山県からはおよそ30のブースが出展します。
出展企業を毎朝ご紹介しています。


きょうは、


0216iwamoto.JPG

“ダイヤモンド梅”でも有名な、株式会社岩本食品

(取締役営業部長 川畑拓也(かわばた たくや)さん)

・梅マシュマロ・・・商品でもある「梅ジャム」をぜいたくにマシュマロに練りこんだ一品。甘酸っぱくってマシュマロとよく合う!味のバリエーション、パッケージもかわいい。



0216shiiba_suisan.JPG

有限会社 しいば水産

(代表取締役 椎葉隆博(しいば たかひろ)さん)


・備長炭のウナギ蒲焼・・・焼きには備長炭、タレには湯浅の醤油、薬味は清水のブドウ山椒と和歌山の特産を使った自慢の味。レンジでチンすればお手軽に家で本格的な蒲焼を楽しめます。



でした〜☆


FOODEX JAPAN2010 は、3月2〜5日まで、幕張メッセで開催です!

posted by wbs at 16:57| Comment(0) | FOODEX2010

「来」

太地町出身の書画家ぼうずさんこと田中太山さんに漢字一文字のリクエストをもとに作品を作ってもらうmornin’ぼうずのコーナー!


2月16日のリクエストは「来」

(リクエスト)
2度目の大学受験に挑む弟、健志。いま家族はけっこうピリピリしてるけど、春はきっとやってくるから、リラックスしながらも思いっきりぶつかっていけ!

(作品)
0216taisan.jpg

(詩の内容)
未来の花は、自分で咲かす。

リクエストのあて先は
o@wbs.co.jp
posted by wbs at 12:01| Comment(0) | 田中太山

確定申告はじまりました

2月16日から、所得税の確定申告の相談と受付が始まりました。

ということで、スタジオに和歌山税務署個人課税部門の大友陵子さんに詳しくお伺いしました!

0216zeimusho.JPG

申告期限間近には税務署が大変混雑します。申告書はe−Taxや郵送でお早めに、がおすすめ。

今年も和歌山県内各地に申告会場が設けられます。
詳しい日時や場所などについては→コチラ

所得税と贈与税は3月15日(月)まで
個人事業者の消費税および地方消費税は3月31日(水)まで



便利なe−Taxの利用をお願いします!
詳しくは→国税庁のホームページをご覧下さい


posted by wbs at 11:44| Comment(0) | 火曜日

2010年02月15日

FOODEX(5)

FOODEX JAPAN!
和歌山県の出展ブースリポート 5回目のきょうは、


0215isoaya.JPG

株式会社 磯賀屋(いそかや)

(専務取締役 磯野武志さん)


・加太で作られた味付海苔・・・味付のタレにこだわり有り。加太の鯛からとったダシを使ったものを開発。あつあつご飯と合わせて!


0215nanki_umeboshi.JPG

南紀梅干株式会社

(代表取締役社長 細川清さん)


・紀州「南高梅」味ぴったり・・・酸味と甘さのバランスがよい。普通に食べてもおいしいが、料理にも使える。茶碗蒸しに入れると・・・お試しあれ♪



でした☆
FOODEX JAPAN2010には和歌山県からおよそ30のブースが出展します。
千葉・幕張メッセで3月2日〜5日まで開催!
posted by wbs at 11:00| Comment(0) | FOODEX2010

2010年02月11日

FOODEX(4)

アジア最大級の“食”専門展示会、

FOODEX JAPAN 2010


に出展する和歌山県の企業を訪問してリポートするコーナー。

4回目のきょうは、



0211gyokyoshokuhin.JPG

南紀勝浦漁協食品株式会社

(営業部 長田幸枝[おさだ ゆきえ]さん)


・海の生ハム・・・シンプルな味付けで素材本来のおいしさが際立つ。岩塩やブラックペッパーを少々かけると◎!



0211umeyoshi.JPG

株式会社紀州本庄うめよし

(営業課長 吉田勝利[よしだ かつとし]さん)


・梅酒・・・新品種「すもも梅」を使った淡いピンク色の【壱】と、ブランデーで漬け込んだコクのあるオトナ味【善】の2種類。どちらも美味!



でした。
FOODEX JAPAN 2010は3月2日〜幕張メッセで!

posted by wbs at 16:36| Comment(0) | FOODEX2010

2010年02月10日

FOODEX(3)

食のプロが集うアジア最大級の“食”専門展示会

FOODEX JAPAN2010

の和歌山県出展ブースリポート。


きょうは


0210jaminabeinami.JPG

JAみなべいなみ 経済部長の出口晴夫(でぐち はるお)さん

・TOMATO-UME(トマト梅)・・・新感覚の梅干デザート。高糖度ミニトマト「優糖星」の果汁に、紀州みなべの南高梅を漬け込んでいます。




0210kawamoto.JPG

河本食品株式会社 常務取締役営業部長 河本雅宏(かわもと まさひろ)さん

・焼き梅・・・遠赤外線でじっくりとまろやかに焼き上げた珍しい梅干。塩分も抑え目です。お茶のおともに!


をご紹介しました。


みなべといえば、南高梅。
新しい梅の可能性が見えてきそうな、アイディア商品です。
posted by wbs at 19:00| Comment(0) | FOODEX2010

2010年02月09日

FOODEX(2)

3月2日〜5日まで幕張メッセで開催される、
FOODEX JAPAN 2010出展ブース紹介のコーナー。


きょうは、

0209jakihokukawakami.JPG

柿生産量全国トップクラスを誇る「JA紀北かわかみ」と


0209hamada.JPG

田辺市上芳養の「株式会社 濱田」を訪問した様子をお届け!



「JA紀北かわかみ」では、柿を加工して

・まるごと柿酢
・元気で酢(柿酢飲料)

といった柿酢の商品を考案したり、朝食のヨーグルトと一緒に食べるといいらしい「あんぽ柿」がオススメと直販課の中野栄作(なかの えいさく)さんは仰っていました。


また、
「株式会社 濱田」では

・梅を発酵させた梅酢「梅のおかげで酢」
・金箔入りの梅酒「HAMADA」は原酒を三年寝かせたもの

の説明を、研究員の東海林大介(しょうじ だいすけ)さんに。
会社のコンセプトなどを濱田洋(はまだ よう)社長に語っていただきました。

posted by wbs at 19:00| Comment(0) | FOODEX2010

「心」

太地町出身の書画家、ぼうずさんこと田中太山さんに漢字一文字のリクエストをもとに作品を作ってもらうmornin’ぼうずのコーナー!

あったか陽気の2月9日(火)のリクエストは「心」

(リクエスト)

ちょっとしたことでうまくいかないと、つい顔にでてしまう私。先日も会社で仕事上のことで注意され、上司と険悪な空気になってしまいました。あとで後悔するんですけど・・・イラッとしたとき心沈めるコトバお願いできますか?

(作品)

0209taisan.jpg

(詩の内容)

食生活と同じです。
『心も常に、バランス良く』。


あなたもぼうずさんに漢字一文字をリクエスト!
あて先 o@wbs.co.jp


posted by wbs at 12:25| Comment(0) | 田中太山

那智の田楽も!渡辺貞夫も!

県内の教育・文化のさまざまな話題をわりと定期的にお届けするオダガワの窓のコーナー!

2月9日(火)はスタジオにゲストをお招きしました

0209bunka_isan.JPG
県庁文化遺産課の蘇理剛志さんと稲垣良則さん

和歌山県では、「紀伊山地の霊場と参詣道」世界遺産登録5周年を記念して、世界遺産の地を舞台にしてさまざまな文化芸術公演を行っています。


続きを読む
posted by wbs at 12:16| Comment(1) | 火曜日

2010年02月08日

今日からスタート

“食”にまつわるテーマは木曜日にお届けしていますが、

今回から2月いっぱいまでの月〜木曜日9時台に、期間限定のコーナーが始まりました。


その名も、
FOODEX JAPAN 2010 和歌山県出展ブースリポート!


続きを読む
posted by wbs at 19:35| Comment(0) | FOODEX2010

2010年02月04日

マイペース!

もっと、つれわか!では2月1日(月)〜4日(木)にかけて、テレビ・ラジオで学ぶ通信制大学、放送大学和歌山学習センターの学生の皆さんに智ちゃんがインタビューしました。

housoudaigaku1.JPG
システム関係の仕事をする山崎昌明さんは9年目。面接授業を受けにあちこちめぐるのも楽しみ。

housoudaigaku2.JPG
定年退職後、放送大学で学んでいた息子さんの誘いで始めたという中西敏博さん。熊野古道の語り部が夢です。

housoudaigaku3.JPG
対人援助の相談員をつとめる早稲田恵子さん。心理学は特別な勉強ではなく生活そのものです。

housoudaigaku4.JPG
高校講師の中家昌美さん。発達障害の生徒との関わりをきっかけに心理学を学びはじめました。


<放送大学からのお知らせ>
放送大学は平成22年度第1学期の学生募集中!。
募集〆切は2月28日(日)まで。
2月7日(日)に「入学相談会」を開催。
当日は午前10時から午後3時まで、
和歌山市西高松の和歌山学習センターで行います。

詳しくは・・・
放送大学和歌山学習センター073−431−0360



posted by wbs at 12:04| Comment(0) | 木曜日

相続登記はお済みですか月間

0204shihoshoshi.JPG
毎年2月は「相続登記はお済みですか月間」ということで。
和歌山県司法書士会和歌山支部支部長の伊澤徹さんと副支部長の桝谷知樹さんをゲストにお迎え。おふたりの迫真の演技?で相続登記の大切さ、よくわかりました・・・

shihoshoshi.jpg

このほかにも、ご近所や男女間、職場のトラブルなど裁判で争うところまでは行かないが・・・というケースについて、司法書士会が行う調停もあります(ADRセンター)。費用は無料。

お問い合わせは和歌山県司法書士会073−422−0568まで!


posted by wbs at 11:51| Comment(0) | 木曜日