2008年02月28日

みかん大好き(続編)

「もっと、つれわか!」2月28日(木)は先週に続き、みかんの話題を。ゲストは(有)観音山フルーツガーデン代表取締役の児玉典男さん。
0228.JPG
減農薬の安心フルーツを手選別でお届けしています。
スタジオには超薄皮はっさくにポンカン、レモン・・・スタジオは爽やかな香りに包まれました。

☆プレゼント☆
もっと、つれわか!リスナーの方から抽選で10人の方に、旬の柑橘詰め合わせをプレゼント!
ご希望の方は住所・氏名・年齢・電話番号と番組へのメッセージをご記入の上、「もっと、つれわか!」観音山フルーツプレゼント係まで!締めきりは3月6日(木)必着です。発送は観音山フルーツガーデンからとなりますのであらかじめご了承下さい。


posted by wbs at 13:45| Comment(0) | 木曜日

2008年02月26日

「洸」

「もっと、つれわか!」太地町出身の書画家、田中太山さんのコーナー!2月26日(火)の一文字は「洸」
一人息子の洸太郎。ついこの間出産したかと思うと、もうこの春小学一年生。3月生まれで同級生たちについていくのに親子ともに必死な毎日ですが、入学を迎えることが出来ました。入学および誕生日の記念にぜひ!というリクエストです。
0226.jpg

(詩の内容)
あなたの笑顔が。わたしの一番の宝物だよ、洸太郎。

笑顔いっぱいで毎日学校に通う子とそれを送り出す母をイメージしました。
あなたも漢字一文字をリクエスト下さい!太山さんが書とともに、詩をつけてくれます。
メッセージは → o@wbs.co.jp
太山さんのブログは → http://yaplog.jp/taisan/


posted by wbs at 11:40| Comment(0) | 月曜日

2008年02月25日

和歌山生まれのイチゴが開発!

「もっと、つれわか!」2月25日(月)のゲストは県農林水産総務課長の高田和良さん。
0225.JPG

スタジオには県農業試験場が開発した新品種のイチゴ「G44」(←3月の品種登録の際に名前が発表されるそうです)とともに。和歌山県オリジナルのイチゴは初めて。大ぶりの果実、しっかりした歯ごたえと甘さが特徴です。

県農業試験場が創立100年を迎えました。エンドウの研究が進んで生産量日本一に。スターチスの新品種の開発もあってこちらも日本一!など数々の貢献してます。
これを記念した交流フォーラムが3月19日(水)13:30〜紀ノ川市役所ホール田園にて開かれます。
お問い合わせは 県農業試験場0736−64−2300まで!




posted by wbs at 12:47| Comment(0) | 月曜日

2008年02月21日

みかん大好き

「もっと、つれわか!」2月21日(木)のゲストは、柑橘類をけんきゅうしている海南市の森本純平さん。たしまもり研究所長でこのほど「ふるうつさろん」を出版されました。
0221mikan2.JPG
晩白柚(ばんぺいゆ)の皮をむく森本さん
0221mikan4.JPG
スタジオは爽やかな香りに包まれます
みかんの仲間について詳しくは→コチラ
著書「ふるうつさろん」については→コチラ
posted by wbs at 13:23| Comment(0) | 木曜日

2008年02月19日

「輝」

「もっと、つれわか!」太地町出身の書画家、田中太山さんのコーナー!2月19日(火)の一文字は「輝」
今週も、市町村対抗ジュニア駅伝競走大会にまつわるリクエスト。強豪チームの争いだけでなく、前のランナーに離されても一所懸命走るチームについ声援を送っています。走り終えほっとした表情、年の離れたチームの仲間と健闘をたたえ合う姿。自分が大人になってこんな笑顔はみせてないなあ〜と思いました。
0219.jpg
(詩の内容)
一生懸命、輝く青春。もらって私も、輝け生旬(せいしゅん)

あなたも漢字一文字をリクエスト下さい!太山さんが書とともに、詩をつけてくれます。
メッセージは → o@wbs.co.jp


posted by wbs at 12:35| Comment(0) | 田中太山

ジュニア駅伝優勝チームにきく

「もっと、つれわか!」2月19日(火)の放送では、17日(日)に行われた「第7回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会」で優勝した和歌山市チームのコーチお二人がゲスト!

0219ozeki.JPG
右:篠育宏さん(紀伊中)、手前:國祐利一さん(福島小)
和歌山市チームは第一回大会以来6年ぶり2度目の優勝。今年はオープン参加と加えて2チーム体制。小中学生が「朝練」をはじめそれぞれが「考える練習」に取り組み、それぞれが自分が前に出るんだという気持ちで試合に臨めたようです。
大会を通じて、陸上のジュニア選手の実力は着実に向上。選手、指導者となって和歌山を盛り上げてください!

ジュニア駅伝の公式ページは→コチラ
和歌山放送ジュニア駅伝HPは→コチラ




posted by wbs at 12:15| Comment(0) | 火曜日

2008年02月18日

森のちから

「もっと、つれわか!」2月18日(月)のゲストは、NPO和歌山芸術文化支援協会理事長の井上節子さん。

0218.JPG
「森のちから〜熊野の森と響き合う感性」と題し、3月2日〜29日にかけて、中辺路町近露で二人の芸術家が一ヶ月滞在し、制作を公開します。
詳しくはNPO和歌山芸術文化支援協会のホームページをご覧下さい!
posted by wbs at 12:56| Comment(0) | 月曜日

2008年02月14日

花器もまた、花なり

「もっと、つれわか!」2月14日(木)のゲストは、嵯峨御流 華道和歌山司所長の湯浅泰雲さん。
0214.JPG
季節の野菜とともに花を添える菜果盛(さいかもり)ほか、華道は奥が深い!
posted by wbs at 13:45| Comment(0) | 木曜日

2008年02月12日

3者協働研究推進

もっと、つれわか!2月12日(火)は和歌山大学と県立高校、県教委の3者による取り組みについて。
0212ozeki.JPG
(手前左から)小関洋治さん、和歌山大学教育学部教授・市川純夫さん
(後方右から)県立貴志川高校教諭・橋本和旭さん、坂本修一さん、和大教育学部4回生・芝友香里さん、喜多倫子さん
CA390011.JPG

貴志川高校人間科学科では教育・観光・看護医療の3つの分野を目指す基礎が学べるそう。このうち教育では、この春教員となる和大生の芝さん・喜多さんらが高校生たちと交流しながら、教師になるとは?について、一緒に学びました。高校生・学生・教員がそれぞれ新たな刺激になった様子。このとりくみは今年度始まったばかり。これからに注目です。
posted by wbs at 11:53| Comment(1) | 火曜日

「友」

「もっと、つれわか!」太地町出身の書画家、田中太山さんのコーナー!2月12日(火)の一文字は「友」
市町村対抗ジュニア駅伝競走大会に出場する選手のみなさん、大会を通じてかけがえのない友情を育んでください!という激励のリクエストが届きました!
0212taisan.jpg

(詩の内容)
手と手で渡し、心でつなぐ、友との絆。
(太山さん情報)
3月にふるさと太地町で作品展を開催予定!詳細はあらためて・・・
posted by wbs at 11:31| Comment(0) | 田中太山

2008年02月11日

小さき花の輪

もっと、つれわか!2月11日(祝)のゲストは和歌山市のむつみ保育園園長の栗林恵さんと後援会会長の見矢龍順さん。2月に創立60年を迎えました。
0211mutsumi.JPG
現理事長の栗林茂子さん(86)が、引き揚げ者寮で始めた保育園。「子どもにこそ本物を」と苦労して施設を充実させてきました。2代3代と通う園児もいて卒園生は2300人を超えるんだそうです。

創立60周年を記念した催しが23日(土)12:30〜県文小ホールで開かれるのを前に、後援会と保護者、職員による50人規模の混声合唱団を結成、夜に特訓を続けています。
posted by wbs at 13:21| Comment(0) | 月曜日

2008年02月05日

マンモス!

「もっと、つれわか!」2月5日(火)は月イチ恒例、近大生物理工学部のラジオ講座!ゲストは先端技術総合研究所長の入谷明教授。
CA390009.JPG

ロシアの永久凍土に眠るマンモスを復活させる計画に体細胞クローン牛、ほうれん草の遺伝子を組み込んだブタ、世界最年少で学生がクローンマウス作成に成功とすごい研究が繰り広げられています。




posted by wbs at 14:21| Comment(0) | 火曜日

「祈」

「もっと、つれわか!」太地町出身の書画家、田中太山さんのコーナー!2月5日(火)の一文字は「祈」
「入退院していた親友の夫が余命わずかと告知されました。小中学生の2人の子どもを育てながら闘病生活を支える現実に、命の重さと持ち直す望みをかけて祈る気持ちを」とリクエストいただきました。
0205taisan.jpg

(詩の内容)
この想いで。
あなたが元気になるのなら。
わたしは、いくらでも想います。

(太山さん情報)
6月にドイツでパフォーマンス予定!詳細はあらためて・・・
posted by wbs at 13:47| Comment(1) | 田中太山

2008年02月04日

まちの身近な法律家・司法書士

「もっと、つれわか!」2月4日(月)のゲストは、和歌山県司法書士会会長の中惠(なか・えみ)さん。
0204naka.JPG
登記の申請だけでなく、成年後見人、相続財産の管理人、多重債務者の任意整理などなど仕事は多岐に渡ります。

そして2月は「相続登記はおすみですか月間」です。
司法書士会では土・日・祝をのぞく毎日、各司法書士会事務所、及び、和歌山市岡山丁の司法書士開館で相続登記の無料相談を実施しています。

詳しくは→和歌山県司法書士会のホームページをご覧下さい
posted by wbs at 14:19| Comment(0) | 月曜日

2008年02月01日

白崎クルーズ!

「午後はなるほどっ」1月31日は、池ゴンこと池尾唯さんが、
由良町 白崎海岸へ行きました。

『漁船』で巡る白崎ミニクルーズに参加してきました。
この白崎ミニクルーズは、今年春頃には正式に実施することを目標に企画されたもので、今回は試験的に運行を行いました。

Image478.jpg

<池ゴンのコメント・・・>

「少し寒かったですが、
天気も良くとても楽しい漁船クルージングになりました。

船の上から見る白崎海岸の白壁も美しく、感動しました!!!

皆さんにもぜひ体験していただきたいなっ!と思いました。
春頃には…。」
 
Image483.jpg
 
これが、池ゴンの見た白崎の海に浮かぶまばゆいほどにまっ白な岩・・・。間近で見ることができるのは、このクルーズならではですね。
春には気候も暖かくなって、気持ちのいい潮風を浴びながら漁船に揺られるというのも良いでしょうね。
 
クルーズについては、由良町観光協会へお問い合わせください。

TEL→0738−65−1203
posted by wbs at 10:46| Comment(0) | ラジオカー