2008年01月21日

AEDを知ろう!

「もっと、つれわか!」1月21日(月)のゲストは、県立医大付属病院救命救急センター教授の篠崎正博さん。
0121shinozaki (1).jpg
心肺蘇生は一刻を争います。1分遅れると救命率が10%落ちるそうで、2004年からは市民もAED(自動体外式除再動器)が使用できるようになりました。県内でもすべての県立高校に配備されるなど1000基を超えたそう。続きを読む
posted by wbs at 13:25| Comment(0) | 月曜日